大会規則

採点方法

5打の手裏剣の内、的に突き刺さった手裏剣位置の得点を合計したものを的中点数とし最高得点を250点とする。これに評価点数として最高得点50点を加え、合計300点から減点数を控除した点数を総合最高得点数とする採点方法とする。

的中点数

  1. 手裏剣の刺さった、的に描かれている五重の同心円の、センター円を50点、 それより外周の円環を各40点・30点、20点、10点とし、その圏外は0点とする。
  2. 手裏剣を打つ前に取り落とした場合は0点とする。
  3. 的に的中したように見えても、刺さらず落下した場合には得点としない。
  4. 手裏剣の先端が、的の同心円圏内に跨って的中した場合は、センターに近い方の得点とする。
  5. 手裏剣は5打を連続して打ち、刺さった手裏剣は抜き取らず、全て打ち終わってから採点する。
  6. 確実に的中し、刺さった手裏剣が競技中に落下した場合、落下した手裏剣の得点は無効とする。
  7. 的中し刺さった手裏剣の上に重なって打ったり、確実に刺さった手裏剣が後に打った手裏剣により落下した場合等、5打終了後に的に刺さっていない手裏剣は得点としない。
  8. その他判定に矛盾や疑義、不測の的中が生じた場合は、審判員が相談して判定し採点する。

評価点数

競技者は以下の種類の九字護身法を行うことによって、評価点数が与えられる。

減点対象

得点は減点方式を採用し、以下に該当する減点対象行為を行った場合は、それぞれの行為に応じた点数を減点する。

服装

安全対策と注意

競技方法

内容

定められた投擲距離の位置より、定められた打ち方で、競技用の手裏剣を素手にて的に向かって投擲し、的の同心円圏内に刺さった位置により得た的中点数を競う。また、投擲前に行う九字護身法を評 価点数として得点に加える。

投擲位置

手裏剣を打つ位置は的の正面よリ、男性は6m、女性は5mとし、白線等でマークをする。また投擲の足位置は、このマークを越えないこと。(越えても前の足のかかとがラインにかかっていればOK) 小学6年生は男子女子共に5mからの投擲。

競技の流れ

  1. 手裏剣6枚を審判員から受け取り、投擲位置近くまで歩いて進む。
  2. 審判員に一礼した後、的に向かって一礼する。
  3. 的に向かって九字護身法を行う。九字は見ながら言っても構わない。
  4. 制限時間内に、手裏剣を一枚ずつ、合計5枚打ち込む。
  5. 最後の一枚は、敵に対する備えとして打たずに残します。
  6. 的、審判員の順に一礼し退場する。

制限時間

出場から退場までの10分間に、練習の投擲を10投、本番の投擲を5投を2回行い、本番5投の2回で良かった方の得点を記録するものとする。