無想劍は無想の位を持って使う劍です。
これは古の達人が到達した心妙劍、金剛劍などと呼ばれ術や技を超えた心の劍です。
武術の奥義中の奥義で武術家が生涯かけても辿り着く事が難しいとされる秘剣です。
 
 
 
 
無想劍を生んだ山岡鉄舟について
一刀正伝無刀流を開いた幕末から明治にかけての旧幕臣であり剣客です
剣と禅と書を持って道を極め50歳を過ぎて無想の位に到り無敵の剣の境地となった近代最後の達人です。
 
 
 
 

MUSOKEN is swordplay using mentality.
The sword user handles a sword under subconsciousness, not consciousness.
He can react to the surrounding movement by putting out his feeling as if he were equipped with a sensor.
The arcana(mysteries) of Japanese swordplay consists in mentality

sign_2018-01-12-1008.jpg sign_2018-01-10-1957.jpg rise-1789903_960_720.jpg sign_2018-01-12-1007.jpg the-milky-way-2377474_960_720.jpg

「人間ト宇宙」 山岡鉄舟

                   
 
 この図は山岡鉄舟が二十三歳の時に造った思想体系です。
かつて日本に存在していた有名な身分制度で士農工商がありましたが
この図では全ての身分と言われるものが横並びになっています
 
 
人々は身分制度を超えて国という理念の元で繋がっている
 
そして地球で生を受けたもの全ては同じ地の元で繋がっている
 
そして地球という惑星は多くの星々と宇宙という空間で繋がっている
 
全ては物質世界を超えてこの宇宙で繋がっているということなのです。
 
 
 
無想剣は山岡鉄舟のこの理念から生まれました。
全ての繋がりを信じる気持ちは物質世界を超えて行くのです。
無想の状態になった時、存在しているのは宇宙と自分との繋がりのみです。
つまり、物質世界の生み出した格差、暴力、弱者や強者は存在しないのです。
時間をも超越し、物質世界を超えた不変的なもの、
無想の状態はそこに通じていると言えます
                  
                                                            山岡鉄舟研究会「それが宇宙と人間である」画像引用
 
On "The Universe and Man" by Tesshu Yamaoka
 
According to the belief system Tesshu Yamaoka put forth at the age of 23、
there used to be a class system of four social ranks in Japanese feudal society: warriors, farmers, craftsmen, and merchants in Japan.
However, all social classes have their own equal value. This reflects how everything on the universe is interconnected.
Therefore, people connect with each other not based on social class but on national identity.
All things born on the earth are connected by virtue of their same place of origin.
The earth is connected with all the stars in the universe.
And everything in this universe is interconnected beyond the material world.


MUSO-KEN(無想剣) originated from the mind of Tesshu Yamaoka.
There is a belief in the connections between all things in the universe which goes beyond the material world.
When the swordsperson clears their mind, only the relationship between the universe and themselves exists.
In other words, physical differences, violence, the weak and the strong, which the material world has produced, do not exist.
The constants which transcend time and exceed the material world can allow the swordsperson to clear their mind.
 

 
 
 
 
 
 

無想劍武術会代表 山本一夫

                                                  
 
 

 
 
 
 
 

無想剣は日本人の本質です。
 その剣の真理は争わない事です。
多くの剣術は技を駆使して戦いを行いますが、無想剣は心を鍛錬する剣なのです。
剣にすべてを委ねたとき、剣は自分の内面を写し出す鏡だということがわかります。